こんにちは!スナメリです。

 

 

今回は私が浪費家だった頃のお話をしようと思います。

 

 

今でこそ趣味に家計簿管理を挙げるぐらいには毎月の収入や支出、損益の把握が出来ていますが、20代半ばまでは貯金なんてものはしたことがなく、自分が稼いだお金は自分の好きに使って何が悪いんや!ぐらいに思っていました。(めっちゃ強気、別に誰にも文句言われてない)

 

ちなみに、初めて自分でお金を稼いだのは高校一年生の15歳の時でした。

当時、ケータイ代とお小遣いを稼ぐために飲食チェーン店でアルバイトをしていました。

自分で稼いだお金を自分の好きなように使える喜びをめちゃくちゃ噛み締めた記憶があります。

 

そして、当時から収入は全て遊ぶこと=浪費に使い続け、大学生になっても、社会人になっても貯金をしようという発想がなく、ついに社会人一年目の終わりにあるものにドハマりしてしまいました。

 

 

 

 



そう、ジャニーズです!!!

 

 

 



 

いや、もうほんとにドハマりしてしまったんですよね。

テレビで見かけて気になりだした一か月後にはファンクラブに入会してたし、過去の映像やCD等漁りに漁りまくってすぐネットでポチポチしてたし、ずぶずぶずぶずぶ沼に浸かっていきました。もちろんまともに金額も見ずにポチポチしてましたね、転げ落ちるみたいに加速してジャニヲタになりました。

 

 

ちなみに高校生の頃も一瞬だけジャニーズが好きだった時期があるのですが、その頃はアルバイトで稼いだお金でやりくりしていたので、ファンクラブに入会、ライブも一公演だけぐらいでかわいく応援していました。

 

 

それが社会人になるとそもそも使えるお金が当時より増えてるんで、まぁ際限なく使っていました。ライブや舞台と遠征したり、値段ノールックで自担(自分が好きなメンバー)の顔が載ってるグッズや写真は全買い、CDDVDもとりあえず全買い、浪費街道まっしぐらでした。(ブルジョワか)


ちなみに、ヲタ活にテレビとブルーレイレコーダーは必須だったので、沼にハマって3か月後には自分用のテレビとブルーレイレコーダーを購入していました。(てへぺろ)

めちゃくちゃ幸せだったので、当時浪費したことは全く後悔していません!笑

 

 

 

当時は自担のために仕事をしている、仕事でのストレスや嫌だったことは自担に癒してもらってる。自担にお金を使えるのが幸せ!お金で幸せが手に入るなんて!!ぐらいのテンションで生きていました。自担へ貢いだお金は食費!医療費!(ジャニヲタあるある)

 

 

ちなみに宮木あや子さんの「婚外恋愛に似たもの」を読んで、会社に邪魔されることなく、舞台やライブを観に行きたい!って思ったのがきっかけで税理士の勉強を始めたりもしました。(動機が不純)

 

 

ヲタ活以外にも、お酒を飲むのが好きだったので週末はだいたいいつも友人や同僚と飲み歩いて終電を逃していました。(若い、体力めっちゃある)

欲しい服やブランドものの化粧品、基礎化粧品にもしっかりお金をかけていたし、基本的に欲しいと思ったらすぐ購入タイプでした。

 

 


そういうことで、20代半ばまでは貯金もなく浪費に浪費を重ねていた私が、貯金しないと!と思ったきっかけ等を次の記事で紹介しようと思います。

 にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

SPONSORED LINK

-->